施術後のトラブルを未然に回避【ボトックスの副作用を確認すべし】

ボトックスで、すらり綺麗に。

弱毒性のもの

先生

ボトックスの副作用はそれほどなくて、弱毒性のものを成分として利用していますから心配いりません。そして、効果はだんだん出てくるものなので気長に待つことが大事ですし、アレルギーの心配もほとんどありませんから、安全性が高い治療法となっています。

医師選びが大切

注射を打つ女性

ボトックスの注射は副作用が怖いのではないかと、不安に感じている人も多いでしょうが、注入する量を間違えなかったり定期的に受けることさえできれば全く問題ありません。ボトックスの注射をするのにあたり、最も大切なのは腕のいい医師を選ぶことです。

美容クリニックの選び方

看護師

ボトックス注射を受けた後、頭痛や表情のこわばりといった副作用が生じたと感じる方がいらっしゃいます。大抵は1週間程度で収まりますが、症状がなかなか改善しない場合、施術を受けた美容クリニックへご相談下さい。

整形後のトラブル

女の人

注意したい点

ボトックスとはボツリヌス菌を用いた整形方法ですが、筋肉の動き抑えリラックスさせることで見た目を変えていこうというものです。気になる部分に注射で菌を注入することで部分的に筋肉の動きを抑えていきますが、中には副作用が心配という人もいるのではないでしょうか。確かに筋肉の動きを抑えるという点で考えるとボツリヌス菌はどうしても体によくないようなイメージがありますが、きちんと適量を守っていればそれほど問題もないでしょう。実際に整形で使われるのは致死量の100分の1以下という量になるため、それが原因で何か体調不良になったり副作用がでるというのはほとんどありません。ただボトックス注射の場合は、注入する場所や量などによって多少の違和感などがでてくる場合もあるようです。主に目尻や額のシワや筋肉によるエラの張りだし改善などに用いられますが、表情などの微妙な動きなども関係してくるため多少の副作用を感じることもあるでしょう。ボツリヌス菌によって筋肉の動きが抑えられるため、それによって表情に違和感を覚える場合がありそうです。例えば目元や額に注入した場合だと筋肉の動きが抑えられるためシワの改善はできますが、その周辺の眉などが若干動かしにくくなることもありそうです。特に額に注入すると副作用として瞼が重たく感じたり眉を上に持ち上げにくくなったりすることもあるため、最初のうちは戸惑う人もいるかもしれません。普段から目元を大きく見開いていた人などは特にそうした違和感があるかもしれませんので、心配なら事前に相談してみるといいでしょう。また小顔になるためにエラの張りだし部分に注入をした場合は、あごを動かすのがだるく感じたりする場合もあるようです。筋肉の動きを抑えるためエラ部分はすっきりしてきますが、咀嚼という点でやはりある程度の筋力が必要になるため最初は少ししんどい人もいるようです。ただこうした顎のだるさなどは時間と共に慣れて解消されることも多いため、あまり心配しすぎなくてもいいでしょう。このほか考えられる副作用としてはボトックスによって筋肉が落ちた後の皮膚のたるみなどがあげられそうです。動きが抑えられた筋肉が多ければそれだけ見た目もすっきりとしますが、これまでそこにあった皮膚が余ってたるんでしまいます。人にもよりますが、継続してボトックス注射を続ける場合は皮膚のたるみが気になってくるかもしれませんのでどうするか考えておくといいでしょう。エラの張り部分が多ければ多いほどたるみもでてきますので、何らかの処置が必要なら事前に相談しておくと安心かもしれません。またボトックスの場合は効果が薄れてくるとまた筋肉が太くなって戻ってくるため、そのままにしておいてもたるみは解消されていきます。副作用による皮膚のたるみは人によって対処方法なども違ってきますので、自分に合った方法を決めておくといいでしょう。またできるだけそうした事態を避けるためにも、注入する場所や量などを前もってしっかりと相談して決めておくのも方法の一つです。特に顔は第一印象にもつながる大事な場所ですので、後悔しないためにもじっくりと相談して適量を決めていくようにしましょう。